本文へ移動

在宅療養あんしん病院登録システム

「在宅療養あんしん病院登録システム」について

在宅療養あんしん病院登録システムとは、京都府内在住の高齢者(65歳以上)で、在宅療養中の方(医師の訪問診療を受けている方、または通院中の方)を対象に、かかりつけ医を通して入院を希望する病院などの情報を登録する制度です。
一時的に体調を崩し食事や水分が十分に取れない場合、また自宅では風邪なのか肺炎なのかはっきりしない場合などに登録した病院に短期入院(3日~1週間程度)して早期治療を行い、在宅生活の継続をサポートするシステムです。
平成24年3月1日より洛陽病院も登録先として指定が可能となりました。

詳しくは洛陽病院 地域医療連携室までお問い合わせください。

登録システムの概要等については「京都地域包括ケア推進機構」のページをご覧ください。
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る