本文へ移動

理事長挨拶

昭和29年3月に結核療養所を前身とする洛陽病院(開設当時 呼吸器科41床)が、京都岩倉の地に誕生して以来、地域医療の一翼を担うべく、徐々に診療科と病床を増やし今では12科135床の規模で運営しております。
岩倉という恵まれた環境の中で適切な医療を提供する事により、患者さまが社会復帰されるまで寄り添えるよう誠心誠意取り組んでまいりました。
しかし、昨今の度重なる医療保険制度や介護保険制度の改定といった病院を取り巻く環境の厳しさは増し、更に医療に対するニーズの多様化が進む一方で慢性期疾患の高齢患者さまが増加の一途を辿る状況下で、益々地域の医療機関だけでなく介護施設や福祉サービス施設との綿密な連携体制の構築に当院も取り組んでおります。
今後、『有事の際に選んで頂ける』病院として存続し続ける為にも、地域における存在価値を高め、“ナンバーワン”ではなく“オンリーワン”になれる存在となるべく職員一丸となって邁進いたしたいと思います。
2022年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る