• TOP > 
  • 個人情報保護方針
  • 洛陽病院看護部
  • 洛陽透析クリニック
  • 人工関節ドットコム
  • 関節センター
  • 人工透析センター
  • 在宅療養あんしん病院 登録システムについて
  • 当院は、敷地内禁煙施設です。

個人情報保護方針

患者様とご利用者様の個人情報とプライバシーについて

当院では、プライバシーに配慮しつつ患者様とご利用者様の個人情報を有効利用するため、以下のように取り扱っています。同意しがたい事項がある場合は、その旨お申し出ください。お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。

  • ◆ 医師・看護師・その他の職員がチームとして患者様とご利用者様の個人情報を共有し治療にあたります。
  • ◆ 最良の治療が受けられるよう、他の病院の医師などに個人情報を提供し、意見を求めることがあります。
  • ◆ 当院では、患者様とご利用者様の要求に応じて、医療情報を開示しますが、最良の治療の継続に支障をきたす場合は開示しないことがあります。
  • ◆ 取得した情報は、継続的に治療が受けられるよう、治療を引き継ぐ医師、診療所、病院、訪問看護ステーション、介護施設などに情報を提供することがあります。
  • ◆ 当院では、検体検査の一部を業者に委託しています。それに伴い、必要な範囲で個人情報を委託業者に提供します。
  • ◆ 病名や病態(緊急時など)によりご家族様に説明する場合があります。その際、説明させて頂くご家族様に制限がありましたら主治医にお申し出ください。
  • ◆ 学会や研究会、院内の勉強会で患者様とご利用者様の個人情報を発表する場合、できるだけ匿名化して利用します。匿名化が不十分と思われる場合には、同意を得て発表します。
  • ◆ 当院では、医師や看護師などの学生実習を引き受けており、その際、患者様とご利用者様の個人情報を利用しています。取り扱いは厳しく指導・管理しておりますのでご協力をお願いします。
  • ◆ 当院では、消防救急隊による救急搬入に関して、消防署からの照会に、患者様の氏名、病状を含む個人情報について回答しております。
  • ◆ 入院の際、医療安全のために病室に氏名を掲示していますが、ご自分の名前を表示したくないときにはお申し出ください。
  • ◆ 当院では、ご家族様からの入院中の患者様とご利用者様の問い合わせや電話の取次ぎは、原則として返答とお取次ぎを致します。返答とお取次ぎの拒否を望まれる場合や特定の方を指定されるご希望があればお申し出ください。
  • ◆ 電話で病状などの説明が必要な場合、可能な限り、患者様とご利用者様本人の同意を得て行います。また、お問い合わせがご本人となる場合は、生年月日の確認をさせていただくことで返答させていただきます。
  • ◆ 当院では、面会時間は午後3時から午後8時までとなっており、原則としてそれ以外のご面会についてはお断りをしております。面会される場合には、受付窓口やナースステーションへ申告することで、患者様とご利用者様の入院の有無と病室へのご案内をしております。面会者についてのご確認を希望される方はお申し出ください。
  • ◆ 間違い防止のため、外来受付や待合室で名前での呼び出しを行っておりますが、名前での呼び出しを希望されない方は外来窓口にお申し出ください。
  • ◆ 診察案内や検査案内などで、止むを得ない場合、館内放送で名前をお呼びする場合があります。希望されない方はお申し出ください。

平成17年4月1日
医療法人 寿尚会 洛陽病院

『反社会的勢力に対する基本方針』

当院は、医療関係の持つ社会的責任と公共的使命を果たすため、反社会的勢力に対し毅然とした態度で臨み、断固たる態度でその関係を遮断し排除していくことにより、公共の信頼を維持し、業務の適切性及び健全性の確保に努めます。

  • 1.反社会的勢力による不当要求には、理事以下、組織全体として対応します。
  • 2.反社会的勢力による不当要求に対する役職員の安全を確保します。
  • 3.反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から警察等外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。
  • 4.反社会的勢力とは、取引関係を含めて、関係を持ちません。また、反社会的勢力による不当要求は拒絶します。
  • 5.反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両方から法的対応を行います。
  • 6.反社会的勢力による不当請求が不祥事を理由とする場合であっても、事実を陰蔽する為の裏取引は絶対に行いません。
  • 7.反社会的勢力への資金提供は、絶対行いません。
  • ※ 本方針において「反社会的勢力」とは、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団または個人をいいます。
  • ※ 暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団といった属性要件とともに、暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当要求等の行為要件にも着目して判断します。