診療科・医師紹介

神経内科

難病にも的確に対応できる体制を確立

脳、脊髄、末梢神経、筋肉などの疾患で、脳神経外科など外科的治療の対象とならない器質的疾患を扱う診療科です。
疾患では脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)が最も多く、その他、めまい、パーキンソン病、末梢神経障害、顔面神経麻痺なども対象となります。神経および筋疾患では従来、治療が困難とされていましたが、現在では様々な新しい治療法が現れており、当院でも的確に対応できる体制を整えています。

医師紹介

中村 和雄 (常勤)

所属 神経内科
役職 副院長
プロフィール 日本内科学会認定
日本神経学会認定
日本医師会認定産業医

神経内科では脳・脊髄・末梢神経・筋肉に疾病のある患者さまの診断・治療を行っています。特に通常の内科的治療と平行してリハビリテーションを必要とする場合もあります。

症状としては、次のようなものがありますが、日頃からの早めの受診をお勧めします。

・手足の動きが悪い・力が入らない・手足が痩せてきた
・手足・口などが意思とは関係なく震える
・ふらつく・足が突っ張り歩きにくい・よく転倒する
・手足がしびれる・感覚が鈍い
・物が二重に見える・瞼が重い
・物忘れが強い・計算が出来ない・字が読めない・書けない
・ろれつが回らない・飲み込む時にむせる
・意識がなくなる・けいれんを起こす事がある
・頭痛がある

その他の診療科はこちら