診療科・医師紹介

糖尿病、内分泌・代謝内科

糖尿病は健康な人に比べて高い血糖値が続き血管や神経を傷める病気です。
高くなる原因は糖の代謝を制御するインスリンというホルモンがうまく働かないためです。
健康な人と変わらない血糖値にすることが重要です。
又、ホルモン異常に伴う病気の診察でバセドウ病・慢性甲状腺炎など甲状腺の病気とか肥満ややせ、高血圧、倦怠感などは、いろいろなホルモン異常によって起こる病状であり、糖尿病を含め生活習慣病は長い目でみていかなくてはいけない治療です。

医師紹介

小林 宏正 (非常勤)

所属 糖尿病外来
役職
プロフィール 日本内分泌学会代議員
日本肥満学会評議員
京都大学医学博士

糖尿病は、血液中の糖の濃度が高くなった状態をいいます。
発症の原因としては、遺伝的要素と共に食べ過ぎや運動不足、肥満、ストレスなどの関与が指摘されています。糖尿病の怖さは症状を自覚しないまま進行することです。血管がぼろぼろになる動脈硬化が徐々に進みます。 心臓発作や脳卒中、腎臓や目、神経の病気を引き起こす為、早期に診断し治療を開始することが重要で定期的に受診することが最も大切です。

症状としては下記があげられます。

・のどが渇く
・たくさん水を飲む
・何度もトイレ(小)に行く
・急に痩せてくる

これらの症状は、糖尿病が進行した時に現れるもので、初期の段階では症状はありません。

その他の診療科はこちら