病院紹介

部署紹介 看護部

看護部理念

洛陽病院の理念と方針に基づき、看護師としての知識、技術、態度に習熟し、患者さまから信頼される看護を実践します。また、保健、福祉との連携から包括的なサービスを提供します。

看護部目標

患者さまの「思い」を聴き、継続した看護を実践します。

望ましい看護師像
知識: 専門職として自ら学ぶ姿勢を持ち幅広い知識を得る努力を継続して共に向上する。
技術: 患者さまの苦痛を取り除く工夫を行い、正確で安全な技術を共有し統一を図る。
患者さまやその家族、また医師や他職種との円滑なコミュニケーション能力を身につける。
態度: 患者さまに笑顔とやさしさで誠意をもって向き合う。
信頼と安心を与える清潔な身だしなみができる。
責任と自覚を持ち丁寧で温かい行動ができる。
急性期病棟(49床)

3Fは、循環器内科、急性期の患者さまのケアと緊急入院時の患者さまなどへの医療、看護度の高い患者さまへのケアを行っています。

整形外科では大腿骨頸部骨折や変形性膝関節症の人工関節置換術、急性期から周手術期、回復期のケアの充実に向けて努力しています。また、手術対象者も高齢者が増えてきていますが、患者様が安心して治療が受けられるよう説明性・安全性に十分に考慮し、患者様お一人お一人のニードに応えられるよう日々努力を重ねています。

内科では、急性期からターミナル期まで幅広い看護分野の知識・技術を充実させ、且つ個々の患者様の状態・ニードに応じた看護を提供しています。現在の社会状況を反映するように高齢者が多くなってきていますが、患者様・ご家族様とのコミュニケーションを大事にし、より安全で安楽に、そして安心して入院生活が送られるよう、個々の患者様のニードに沿った看護の提供に向けて努力いたします。

回復期リハビリテーション病棟(病床数49床)
私達の看護のモットーは・・・

“患者さま一人ひとりを大切に、きめ細やかな看護・介護の提供を行う”

回復期リハビリテーション病棟の特徴は・・・

患者さま一人一人の状態について、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、医療ソーシャルワーカー等が参加するカンファレンスで、存在する機能を活かしつつ、入院前の生活レベルを目指し、安心して社会復帰できるよう、リハビリプログラムを作成しています。

リハビリ室でのリハビリ以外に、病棟内の日常生活自体がリハビリとなるよう、病棟リハビリにも力を入れています。


  • 歩行練習に最適な廊下
療養病棟(病床数37床)
私達の看護のモットーは・・・

“患者様それぞれの生活観や価値観を尊重し、その人らしく居られるような援助を目指します”

療養病棟の特徴は・・・

療養病棟は医療依存度が高く、施設支援を必要とする患者さまの自立へのアプローチを目的とした病棟です。特に透析治療を受けておられる通院困難な患者様が多く入院されています。
療養生活の中にレクリェーションを取り入れ、歌を歌ったり体操や塗り絵を行っており、季節行事も行っています。又、認知症状の改善をはかる目的で、臨床美術を実施しております。


  • 臨床美術品

  • 臨床美術品
透析センター

洛陽病院透析センターは1969年に京都の私立病院では、最初に開設した歴史有る施設です。それゆえ、患者様の透析キャリアも30年前後に渡る方も多く、元気に通院して頂いております。
平成22年11月に透析の機器を新しくしてオンラインHDFを導入しました。スタッフ一同は患者様に安心して治療を受けて頂ける医療の提供に努めております。

透析センターの詳細

《透析センター長》 武田 昭医師 コミュニケーションを大切し、治療についてわかりやすく説明します。

  • = スタッフ =
    常勤医師2名
    非常勤医師2名
    看護師8名
    臨床工学技士8名
    管理栄養士2名
    クラーク1名
    看護助手4名

  • 透析センター治療室
    ベッド数34床(内2床個室)
治療内容

患者様の症状に合わせた至適透析を心掛けております。

  • 通常の血液透析
  • 血液濾過透析
  • オンライン血液濾過透析
    オンラインHDFの最大の特長は、一回に行うことのできる置換液量が多いことで、
    従来の血液濾過透析(HDF)に用いられる置換液量は、10リットルから12リットル程度が限界でしたが、オンラインHDFでは、最大60リットルもの置換が可能となります。置換液量が多いほど、透析の効果が高いといわれています。
  • 無酢酸透析
  • LDLコレステロール吸着療法
  • リクセル(透析アミロイド症に対するβ2ミクログロブリン吸着)  など
透析実施時間

※月曜から土曜迄、夜間透析を実施しております。

透析実施時間帯
午前透析(09:00~14:00)
午後透析(15:30~)
夜間透析(17:00~22:00)
透析設備

当院透析室では患者様のQOL向上のため、透析に使用する水質の管理にも配慮しており、オンラインによる血液濾過透析を可能としております。


  • オンライン対応
    血液透析監視装置
    DCS-03

  • 血液透析監視装置
    BCS-27

  • 無酢酸透析対応、
    血液透析監視装置
    DDB-27

  • 患者様用テレビ
    (テレビカードは要りません)

  • 透析ベット
    患者様のベッド間隔も
    余裕のある配置となっております。
  • 患者様用休息室

なお、通院が困難な患者様には、ご自宅・近隣の駅からの送迎も可能ですのでお気軽に御相談ください。お車で通院の方には病院駐車場をご利用して頂けます。

透析受付のご案内
透析の受付は随時承っております。下記の電話番号にご連絡下さい。
お問い合わせは・・・

洛陽病院代表:075-781-7151

※「透析の相談です」と言って頂ければ係りの者が対応します。
外来
外来の特徴は・・・
  • 左京区での24時間体制の病院は限られています。当院が初めての方や、急病時の患者に対しても日々24時間の対応に努力しています。
  • 予約患者様の外来診療:各科専門外来が責任を持って診察可能です。
  • 紹介患者様の外来診療:事前に紹介状やご連絡を当院にいただけると幸いです。来院日時・時間調整をご相談し、待ち時間の短縮・スムーズな診療を受けていただけるように努力しています。
  • 在宅診療訪問:当院の訪問ステーションと綿密な連携を取って、退院後の患者さんの管理・サポートや、通院が困難な患者さんに対しましては定期的に訪問診療を行い、患者さまのQOLとご家族のご要望に沿うような医療に努めています。
外来看護の特徴は・・・

私たちは、病院の“ 顔 ”であるという自覚を持ち地域に密着した、患者さん主体の医療を目指しています。京都市左京区17万区民のために、24時間緊急体制で受け入れる事ができる中核病院の一つとして、左京区北部地域における一翼を担っています。それだけに地域で生活されている皆様へのニーズに答えることができるよう、患者様の目線に立った思いやりと優しさを持ち、24時間チーム連携での看護の提供に努めています。患者様と信頼関係を築いていく過程が私たちの至福な喜びです。

※ 詳細は「外来案内」をご確認下さい。

中材・OP室
主な診療科目と手術は・・・
整形外科: 人工股関節置換術、人工膝関節置換術、股関節臼蓋形成術、骨折骨接合術、鏡視下半月板切除術、アキレス腱縫合術、指腱鞘切開術、手根関開放術
腎臓内科: 血管内シャント術、人工血管造設術
外科: 腫瘍摘出術など
手術室の特徴は・・・

主に、整形外科・腎臓内科疾患の予定手術、緊急手術に対応しています。手術室は、全身麻酔下対応の手術室が2室(うち1室はバイオクリーンルーム)あります。年間総手術症例は250件で、整形外科手術のうち、人工関節置換術は115件(平成20年)です。また、人工関節置換術では、MIS(最小侵襲手術)を実施しています。

看護の特徴は・・・

『手術を受ける患者さまが安全かつ円滑な手術を受けられるようチーム医療を提供する』

患者さまと手術室看護師とが顔を合わせる時間は、短く限られています。その大切な時間を通じて、患者さまの不安を少しでも緩和できるよう術前訪問しています。また、他職種との連携をとって、情報を共有し、より質の高い手術を提供できるよう努めています。

その他の部署はこちら