• TOP > 
  • 病院概要・沿革

病院紹介

病院概要・沿革

洛陽病院の理念と方針
  • 私たちは、医療の学術性、専門性を究めることにより、患者さまのいち早い社会復帰をはかります。
  • 私たちは、親切で信頼される医療を大切にし、地域のみなさまの命と健康を守ります。
  • 私たちは、みどり豊かな環境に誇りと喜びをもって、地域のみなさまと共に住みよい街づくりに努めます。
洛陽病院の概要
名称 医療法人寿尚会 洛陽病院
所在地 京都市左京区岩倉上蔵町143
TEL:075-781-7151
FAX:075-781-7156
理事長 山本 昌孝
院長 松本 研二
病床数 総病床数135床

【内訳】
急性期病棟49床
回復期リハビリテーション病棟49床
療養病棟(医療療養型)37床

一般病床98床(急性期病棟49床+回復期リハビリテーション病棟49床)
療養病床37床(医療療養型病棟37床)
設立 昭和31年4月
診療科 整形外科・リウマチ科・リハビリテ-ション科・外科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科・神経内科・アレルギー科・内科・人工透析内科・放射線科
外来受付時間 一般外来:午前8時30分~11時30分(月~土)
専門外来:午後12時30分~3時30分(月~金)
※一部診療科において予約制となっております。
入院基本料 一般病棟入院基本料 10対1入院基本料
療養病棟入院基本料1(20:1看護 20:1看護補助)
回復期リハビリテーション病棟入院料(15:1看護 30:1看護補助)
<短期入所療養介護>
Ⅰ型(6:1看護、4:1看護補助)
入院基本料以外の
施設基準
薬剤管理指導料
脳血管疾患等リリハビリテーション料(Ⅱ)、運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
療養環境加算、重症者等療養環境特別加算、療養病棟療養環境加算1、栄養管理実施加算
入院時食事療法(Ⅰ)
夜間勤務条件基準 加算型Ⅲ
栄養管理の評価 栄養ケア・マネジメント体制
短期入所
各種指定 救急・労災保険・近畿海運局・結核予防法・更生医療・生活保護法・原爆被爆者一般疾病
職員数 225名
認定施設 日本整形外科科学会研修施設
病院施設 透析センター・リハビリテーションセンター
洛陽病院の沿革
昭和29年03月 洛陽病院を開設する(開設者:山本寿)
2階建呼吸器科病棟41床
昭和31年04月 医療法人に組織を改める
昭和32年04月 2階建呼吸器科病棟を増築し、病床数133床となる
昭和41年08月 3階建本館(現在の南館)を増築するとともに、一般病床を66床増床し内科・外科・整形外科の診療を開始する
昭和44年08月 人工腎臓透析装置を導入し、夜間透析を開始する
昭和50年11月 透析センター開設し、循環器科病床40床・同時透析能力30床となる
昭和52年11月 3階建診療および内科・整形外科病棟を増築し、一般病棟156床とする
昭和54年04月 南館1階を機能訓練室に改築し、リハビリテーションを開始する
昭和61年10月 心臓センターを開設し、病床数154床となる
昭和61年11月 山本潔副院長 院長に就任
昭和62年02月 法人名を寿尚会に定める
平成09年04月 山本潔院長 理事長に就任
平成10年08月 救急告示指定病院となる
平成12年04月 居宅介護支援事業所開設
平成14年04月 奥村秀雄副院長 院長に就任
平成15年03月 北館増築[1Fリハビリテーションセンター 2F・3F療養病棟(37床) 4F管理棟]
平成15年04月 回復期リハビリテーション病棟(33床)の開設のために、病床数を135床とする
平成15年05月 奥村秀雄院長 理事長(院長兼務)に就任
平成16年07月 回復期リハビリテーション病棟開設
平成19年01月 訪問看護ステーションらくよう開設
平成19年04月 一般病棟を98床(回復期39床、急性期59床)とする
平成20年01月 ヘルパーステーションらくよう開設
平成22年02月 松田光彦副院長 院長に就任
平成23年11月 洛陽透析クリニック開設(北山通り植物園北門向い)
平成27年05月 小林 展章 副理事長、院長に就任
平成27年07月 小林 展章 院長 理事長就任
平成29年06月 山本 昌孝 理事長就任
平成30年08月 松本 研二 院長就任
周辺の観光地
岩倉具視幽閉宅