• TOP > 
  • 副理事長・院長挨拶

病院紹介

副理事長・院長挨拶

洛陽病院は昭和29年に京都市街の北の地に設立されました。
以来、今日まで地域の皆さまに信頼される医療機関となるべく、恵まれた環境の中で、安心で温もりのある医療を実践し、「患者さまのいち早い社会復帰を目指して、親切で信頼される医療を大切にし、地域の皆さまの命と健康を守ります」との理念のもとに診療活動を行ってまいりました。 職員一同各領域・部門同士、互に心を通じ合い、患者さまへのいたわりの心配りをもって誠意を尽くします。
「説明と同意」を基本に、患者さまの「自己決定権」を尊重し、守秘義務を遵守して、安全で安心な透明性の高い開かれた医療を実践します。

今後とも皆さまのニーズに沿って連携、ネットワークを密にして、急性期医療から慢性期医療に対応し、リハビリ、人工透析の充実を図り、地域の皆様に信頼され必要とされる病院づくりを目指して参ります。